L-92乳酸菌のアレルギーへの効果

L-92乳酸菌はカルピス社が保有する乳酸菌です。
正式名称はラクトバチルス・アシドフィルスL-92株と言います。
L-92乳酸菌は、一般的な乳製品からは摂ることができない乳酸菌です。
これはカルピス社独自の貴重な乳酸菌なのです。

カルピス社の研究からL-92乳酸菌はアレルギー症状を緩和させることが分かって来ました。
また、頭痛、眠気、めまい、のどの渇き、吐き気などの副作用は認められませんでした。
アレルギーの発症には体の免疫システムが関わって来ます。

その体の免疫システムにはTh1(感染予防因子)と、
Th2(アレルギー因子)という2つの細胞があり、
互いがバランスをとりながら免疫をコントロールしています。

しかし、そのバランスが崩れた状態でアレルゲンを体内に入れると
Th2細胞が過剰な反応を起こしてしまい、
体の防衛反応が鼻炎や目のかゆみなどの症状を引き起こすのです。


L-92


これらの免疫システムは腸などの消化器官に深く関わっていることが研究で分かって来ました。
腸内環境を整えることで、体の免疫バランスを正常に保つことができるのです。
カルピス社のL-92乳酸菌はTh1細胞を活性化させる働きを持っています。
またTh2細胞を抑制化する効果も見られました。

L-92乳酸菌は体の免疫システムのバランスを整える効果があるのです。
通年性アレルギー性鼻炎を持つ患者にL-92乳酸菌を含んだ発酵乳を飲んだ
グループと含まない発酵乳を飲んだグループに分けて、症状の変化を見たところ、
L-92を飲んだ患者のグループには症状緩和が見てとれました。

花粉症患者にL-92乳酸菌入りのタブレットを摂ったグループとL-92が入っていない
グループに分けて花粉を散布した部屋での
タブレット摂取前後の症状の変化を調べたところ、L-92を摂取したグループには
症状の緩和が見られました。
これらの実験結果から、L-92乳酸菌は花粉症や通年性鼻炎にも効果が
あると期待されます。