L-92乳酸菌はアトピーに効果があるのか

アトピー性皮膚炎はアレルギー体質を持つ人に非常に発症しやすい症状です。
強いかゆみを感じ、皮膚上に赤い湿疹が出来るという症状は外見的
にも特異であるため、それを理由として社会的なハンディキャップ
を負ってしまうこともあります。

そうした症状を持ってしまうと様々な方法で改善を試みたいものですが、
どういった手段で治療を行うのであれ、
なるべく体への負担が少ない方法で治療をしたいと考えるのが普通です。

現在では様々な治療薬が販売されるようになっていますが、
アトピー性皮膚炎の治療には日常生活の改善が必要であるとされています。

中でも特に重要になるのが免疫機能を維持するということですが、
L-92乳酸菌はアレルギー症状の原因となる免疫機能のバランスの崩れを
予防する作用があるとして注目をされています。


L-92


L-92乳酸菌はTH1とTh2という二つの免疫細胞のうち、Th1細胞を活性化
させることで全体のバランスを整える作用があります。

これはL-92乳酸菌が腸に到達することで発揮してくれる作用の一つです。
同様にL-92乳酸菌が腸に到達することで発揮される作用としてアレルギー
の原因となるIgE抗体の産生と放出を防ぐ作用もあるとされていますから、
継続的にL-92乳酸菌を服用していくことで、「免疫機能」と「原因抗体」
の二つの方面から治療に対してアプローチをしていくことが出来るということになるのです。

また医学博士である鳥居新平の調査によると、1歳から12歳までの
アトピー性皮膚炎を持つ子供に対してL-92乳酸菌を投与した場合、
8週間以内に明らかな治療補助効果があるということが発見されました。

L-92乳酸菌は乳酸菌飲料やヨーグルトといったような食品に使用できるもの
であるために健康に対して悪影響を及ぼす副作用がほとんど無いとされて
いますから、継続的に投与することも可能です。

苦い薬などを拒絶する子供であっても比較的生活リズムに組み込みやすい対策
であるため、アトピー対策としてL-92乳酸菌を採用するということは非常に意味
のあることといえるでしょう。